FC2ブログ
CMEとSGXの日経225先物、NY原油先物、東証マザーズ、FXなどのリアルタイムチャート、そしてちょっと面白いコラム等てんこ盛り。
マネポケ金融投資ブログランキング    安全安心のFX会社を探すなら
       RSS
NYダウ   NASDAQ

CME日経225先物
3~4分毎に自動更新
FX Realtime Quote AD

12通貨ペア1分足はこちら
投資関連ニュース
loading...
これからもよろしくねっ 日経平均vs中国株式指数
model1a
株式投資情報 株・投資
人気株式ブログ オール株式情報
World Market Index ガソリン価格情報

gogo.gs
TOPIX 東証マザーズ指数
よ・く・み・て。 日経平均vsNYダウ比較チャート
model2
日経平均PERチャート

日経CNBCの番組「マーケットラップ」のチャート分析で取り上げられた銘柄の1月間の成績を検証します。

日付 コード 銘柄名 放送日
終値
高値目途 期待
収益率
下値目途
9/25 9104 商船三井 1,842 2,000 8.6% 1,600
9/26 7731 ニコン 3,890 4,315 10.9% 3,500
9/27 6502 東芝 1,056 1,085 2.7% 923
10/1 6762 TDK 10,120 10,741 6.1% 9,750
10/1 2262 雪印 354 450 27.1% 305
10/2 4661 OLC 6,670 7,090 6.3% 6,400
10/4 7751 キャノン 6,450 7,450 15.5% 5,340
10/9 7211 三菱自動車 190 200 5.3% 175
10/9 3407 旭化成 950 1,050 10.5% 850
10/11 6954 ファナック 12,880 13,500 4.8% 12,330
10/11 3436 SUMCO 4,620 5,550 20.1% 3,720
10/15 6305 日立建機 4,840 5,650 16.7% 4,500
10/15 6875 メガチップス 2,360 3,010 27.5% 2,180
10/16 8815 東急不動産 1,170 1,350 15.4% 1,100
10/16 6301 コマツ 4,020 4,300 7.0% 3,600
10/17 9101 日本郵船 1,224 1,350 10.3% 1,164
10/22 5405 住友金属 580 640 10.3% 5,028
10/22 8572 アコム 3,000 3,400 13.3% 2,500
10/23 7201 日産自 1,102 1,200 8.9% 950
10/25 7203 トヨタ 5,950 6,900 16.0% 5,400

【分析担当】藤原 尚之氏(エフ・エリオット)
【対象銘柄】トヨタ(7203)
【ポイント】
毎度のことですが、この人の説明ってよくわかりませんorz
フィボナビッチのチャート分析とかいうらしいですが・・・勉強不足です。c波の最中ということだけ聞こえました。
【管理人コメント】
これは買ってみようと思います。
【検証予定日】11/25
【注意事項】
日経CNBCも当ブログ管理人も、当銘柄の売買を推奨しているわけではありません。
株式投資は自己責任で。

---------------------------------------------------------------------
【9/25放送分の検証結果】
商船三井は見事!収益率もそうですが、注目すべきは高値目途の2000円を越えて調整に入っている点。まさに文句なしです。
日付 コード 銘柄名 放送後
高値
放送後
安値
期待
収益率
実績
収益率
達成率
9/25 9104 商船三井 2,040 1,790 8.6% 11% 125%

クリックして頂けると励みになりますm(_ _)m
FC2 Blog Ranking[株式・投資]

「みんかぶ日記」はRSSフィードのため見にくくスイマセン^^;
よろしければ以下のURLをコピペして私のブログに遊びに来て頂けるとシアワセですー
http://stocko.blog120.fc2.com/
スポンサーサイト



米メリルリンチの第三四半期決算は、今後の市場の流れを読む上で非常に重要な意味を持ちそうですね。

まず第一に、つい先日発表した評価損見込みに対して実際の損失額が大幅に上回ったために、資家心理を一層冷やす結果になったこと。
買い手がつかない中でCDO(債務担保証券)やRMBS(住宅ローン担保証券)の売却を急いだことが、価格をさらに下落させるという悪循環を招いたとされています。
しかし最大の問題は損失額の大きさではなく、投資家に対して「他の金融機関も同様に損失が膨れ上がるのではないか」という疑念を拡大してしまったことにあります。

第二に、この発表を受けた後の米国市場の反応が、前回9月のFRB利下げ時と全く同じだった点。
ダウはいったん200ドル超下落したものの、その後急速に値を戻しました。これは利下げ観測によるものとされています。
ですが、前回の利下げでその効果は一時的なもの、いわゆる対症療法にすぎないことが明らかになったはずです。
それに、今回の場合はそもそも現時点では利下げが決まったわけでもない、単なる憶測でしかありません。
こうしたことから昨日後半のダウの戻しは信用できず、一時的なものという見方になるのでしょう。
今日の日経平均の動きは、メリルリンチの悪影響が今後じわじわと現われて来ると予想する投資家が多かったことを示している、という考え方に賛成です。

その他、日本ではこれから9月中間決算発表が本格化するため見極め姿勢が強いと想定されること、11月中旬は10月と同様にファンド決算前の解約期限であることを踏まえると、投資環境面では当面消極的なスタンス継続という結論です。

クリックして頂けると励みになりますm(_ _)m
FC2 Blog Ranking[株式・投資]

「みんかぶ日記」はRSSフィードのため見にくくスイマセン^^;
よろしければ以下のURLをコピペして私のブログに遊びに来て頂けるとシアワセですー
http://stocko.blog120.fc2.com/